世界地図を読みながら

地球を動き回ってないと落ち着かない日常

台湾お散歩②✈台東*三仙台*

 

こんにちは。

昨日は夜まで万博開催投票を見てました。愛知万博以来の日本での万博、大阪万博が決まりましたね!

愛知万博があったのは私が小学四年生の頃。あの頃大阪万博についても初めて知って、

太陽の塔に代表される未来予想図に心躍らせながら写真集を眺めていました。

万博ってどこも国の威信をかけてパビリオンを作ってるんですが、それが近未来感が強くて本当に好きです。

 

さて、ここからは前回の続き。

 

www.enamin.com

 

 

f:id:enamin:20181013151307j:plain

 

台東へ

自強号 高雄7:21-台東9:44 362元 

二日目は朝6:30に起床。高雄駅まで歩きます。

f:id:enamin:20181013145203j:plain

朝の高雄は誰もいない!台湾は夜型。

f:id:enamin:20181013145218j:plain

高雄駅のこの駅舎も次の週には地下化されるらしい。これで見納め。

f:id:enamin:20181013145332j:plain

インターネットで予約していた切符を券売機で受け取り。

f:id:enamin:20181013145233j:plain

自強号(特急列車)に乗り込みます。

f:id:enamin:20181013145250j:plain

もう眠たかったので朝ごはん食べたら爆睡。

f:id:enamin:20181013145826j:plain

f:id:enamin:20181013145318j:plain

台東に到着。

 

台東県東河郷泰源へ

台東からは所用で泰源という村へ。

f:id:enamin:20181013145842j:plain

お散歩します。

f:id:enamin:20181013145907j:plain

日本っぽい商店街!

f:id:enamin:20181013145923j:plain

本当に日本にいるかのような風景。

f:id:enamin:20181013145951j:plain

お腹が空いたので牛肉麺。80元でした。

f:id:enamin:20181013150005j:plain

東安宮

f:id:enamin:20181013150044j:plain

まさかの日本語付き看板

 

正直全く知らない村だったんですが、想像以上に良い風景でした。

タイムスリップしたような、古い町。

特に、何があるわけではないですが落ち着いていてよかった。

多分、台湾にはまだまだ沢山あるんでしょうね。

 

心残りは神社の跡。時間の都合上行けなかった。

再訪することはあるだろうか。

 

成功鎮・三仙台

台東県の中では大きな町、成功鎮に向かいます。今日はここで宿泊。

f:id:enamin:20181013150225j:plain

宿で少し休憩したら、自転車で三仙台へ向かいます。

 

三仙台までは自転車で30分くらいで到着。(バスでも行けますよ!)

f:id:enamin:20181013151420j:plain

絶景…!

三仙台とは中国八仙のうちの三仙人が島の岩の上で休んだことからきているそう。

島も美しいですが、島に渡るアーチ橋が竜みたいでかっこいい。

f:id:enamin:20181013151858j:plain

アーチ橋は8つ。

ここの景色も十分にきれいなんですが島に渡るともっと美しい景色が見えます。

f:id:enamin:20181013152117j:plain

橋をいくつもわたると

f:id:enamin:20181013152147j:plain

ここもまた絶景!

f:id:enamin:20181013152235j:plain

パイナップル畑をかき分けて

f:id:enamin:20181013152301j:plain

岩場を抜け、山に登ります。

三仙台頂上から

f:id:enamin:20181013152426j:plain

最高の景色でした。

これを見るためにわざわざ台東県まで来る価値はあります!

 

この日は日没間近だったので暗いですが日中はもっときれいです。

 

ちなみに台湾人にとって、三仙台は「朝日を見に来る場所」。

前日に成功鎮に宿泊して翌朝三仙台で朝日を見るのも最高ですよ!

 

enamin.hatenablog.com

 

私は二年半前に訪れて、成功鎮へは三度目の来訪。

日本ではあまり知られていない&アクセスが難しいんですが、

十分価値はあると思います。

 

goo.gl

夕食は海鮮料理

成功鎮は港町なので海鮮料理が美味しい。

ちなみに日本時代にカジキ漁が始まり、いまでも成功鎮の名物はカジキだそう。

f:id:enamin:20181013153127j:plain

市場に隣接するこのお店でいただきました。

f:id:enamin:20181013153157j:plain

蝦炒飯、魚スープ、酢魚、カジキ、海ぶどう…!

f:id:enamin:20181013153212j:plain

特に美味しかったのはセミエビ!高級食材らしくイセエビみたいなお味。

 

お腹いっぱい食べてからは、

f:id:enamin:20181013153509j:plain

DING GOで多多(ヤクルト)ミルクティー。

 

幸せな気分で就寝したのは日付が変わるころ。

 

台東帆布行・東昌帆布行

翌日は朝8:30のバスに乗って台東へ。

f:id:enamin:20181013153748j:plain

台東には10時ごろの到着。

f:id:enamin:20181013153806j:plain

 

台東での目的は帆布のバッグを買うこと。

まずは台東帆布行

f:id:enamin:20181013153918j:plain

横向きの柄。

 

goo.gl

近所にある東昌帆布行

f:id:enamin:20181013153953j:plain

縦向きの柄。

f:id:enamin:20181013154009j:plain

かばんは木綿帆布ではなくビニール帆布。

値段は100元からとお値打ち!6つくらい買ってしまいました。(笑)

 

goo.gl

台南へ

莒光号 台東11:17-高雄14:30(遅れ) 279元

莒光号 高雄14:57-台南15:39 82元

台東からは急行列車で台南まで。

f:id:enamin:20181013155507j:plain

客車列車に乗り込みます。

出発するとすぐに、台鉄弁当。60元。

f:id:enamin:20181013155414j:plain

排骨の八角の香りがそそられます。煮卵も美味しい。

 

朝食を食べてないこともあり、ペロっと一食。

 

時期よく車内販売も回ってきたので、もう一つ購入。

f:id:enamin:20181013155524j:plain

今度は80元なのでより豪華。花蓮で製造したそうです。

魚のフライは海岸沿いを思わせて最高。これも美味しかった。

二つ食べても140元(520円)。

いつも小食なんですが台湾に来ると大食いになるのは安くて美味しいからかな。

 

列車は海沿いを走るので眺めも最高。

f:id:enamin:20181013155845j:plain

最高の夏。夏を取り戻した気分です。

f:id:enamin:20181013155857j:plain

高雄までは三時間。あっという間。

f:id:enamin:20181013155912j:plain

 

f:id:enamin:20181013160106j:plain

台湾では、改札口近くにある使用済み判子を押せば切符を持ち帰ることができます。

 

f:id:enamin:20181013160242j:plain

高雄で乗り換えて、40分で台南に到着。

 

続く

 

www.enamin.com