世界地図を読みながら

地球を動き回ってないと落ち着かない日常

韓国経由で大分県へ②ー杵築城下町とJALビジネスクラスシート

釜山・博多経由で別府に来た

enamin.hatenablog.com

 

の続き

 

 

竹瓦温泉で朝風呂

ホテルで朝ご飯を食べてからは、近くの竹瓦温泉へ。

ここに来るのも五年ぶり。前に来たのは高校の卒業旅行だったんですよ。

あの時は鈍行で岐阜県から鹿児島県まで行ってた。若かった…

100円払ってお風呂へ。

内湯は一つしかなくて熱め。天井が高くて気持ちがよい。

ここの建物は昭和13年に建てられたらしい。重厚な破風つくり。素敵。

f:id:enamin:20181004085708j:plain

100円でこんな素敵なお風呂に入ることのできる別府市民は幸せだ。

 

ところで、別府市民的には温泉は重要な判断基準なんだろうか。

この時も、8月に再訪した時も、「岐阜県から来た」というと必ず

下呂温泉はええかねえ⁉と話しかけてくれた。

下呂もいいけど別府は魚も美味しくて一番だよ、というと喜んでくれた。

goo.gl

 

昭和レトロな別府タワー

ずっと行きたかった別府タワー(両親によると昔行ったことあるらしい)

高さは90メートルだけど、鉄輪の湯けむりや別府湾、遠く四国まで見渡せてよかった。

中には大分県の観光名所の写真展示があったり、

喫茶コーナー(これがとりわけ昭和っぽくてよい)があったり。

f:id:enamin:20181004085722j:plain

f:id:enamin:20181004085736j:plain

幸せなひと時だった。今度は全国のタワー巡りをしようかな。

(タワースタンプ帳を買ってしまった)

goo.gl

 

特急ソニックで杵築へ

別府12:18-杵築12:34 ソニック28号 運賃460円+自由席特急券300円

特急に乗るような距離でもなかったけど、せっかくなのでソニック号に。

 

f:id:enamin:20181004085814j:plain

初めてのソニック!

f:id:enamin:20181004085849j:plain

外観はスタイリッシュだし、車内も宇宙船みたいでかっこいい。

16分だけだったけど、300円の価値はあった。

今度は博多から大分まで全区間乗りたい。

 

杵築はレトロな町だった

f:id:enamin:20181004085902j:plain

杵築駅はレトロ調。

f:id:enamin:20181004085913j:plain

駅前からはバスに乗るよ。酢屋の坂まで310円。

運転士さんは、私が観光客だとわかった瞬間に走って

外からパンフレット持ってきたくれた。間違えたのか繁体字だったけど。

f:id:enamin:20181004085924j:plain

観光する前に、まずはお昼ごはん。

f:id:enamin:20181004085935j:plain

「みのり」で”りゅうきゅう丼”。(840円くらい、曖昧)

大分県では刺身を漬けにして保存する文化があるみたいで、りゅうきゅうは刺身をゴマの入った漬けダレにつけた郷土料理。

たれとご飯がよく合っていておいしい。

goo.gl

 

杵築城下町

杵築は杵築藩三万二千石の城下町。

江戸時代の町並みが残っていて、

特徴的なのは、両側の丘の上は武家屋敷、丘の下は商人町になっているところ。

このようなサンドイッチ型の城下町は少ないんだとか。

f:id:enamin:20181004091145j:plain

有名なのは「酢屋の坂」、テレビのロケでもよくつかわれるそう。

ちなみに向かい側は「塩屋の坂」。

goo.gl

 

f:id:enamin:20181004092420j:plain

「塩屋の坂」側から見た「酢屋の坂」。あまり見ない景色だ。

 

酢屋の坂のまわりをぐるぐる散策します。

f:id:enamin:20181004091331j:plain

f:id:enamin:20181004091239j:plain

武家屋敷「中根邸」、立派だった。あと部屋から見るお庭がよかった。

昔の家はその辺も考えて作ってたんだね。

 

f:id:enamin:20181004091220j:plain

「北台武家屋敷」風情あるなあ。

f:id:enamin:20181004091530j:plain

「飴屋(雨夜)の坂」”く”文字の珍しい坂。雨の夜でも石畳が光ってよく見えるそう。

 

f:id:enamin:20181004091647j:plain

「番所の坂」

 

f:id:enamin:20181004091720j:plain

「天神坂から見る商家の瓦」勇壮な姿、らしい。

 

f:id:enamin:20181004091827j:plain

昭和45年に建築された杵築城(模擬天守)。

天守閣の最上階からの海の景色はとてもきれいだった。

f:id:enamin:20181004091956j:plain

goo.gl

杵築はこのように、静かで風情がある街だった。

恥ずかしながら、「杵築城下町」の存在は前日まで知らなかった。

別府タワーで手に取ったパンフレットがなかったら私はこの町に来なかった。

穏やかな午後を送ることができたし、歴史好きの私にとってとても良い休暇になった。首都圏と違って九州は観光地でもそこまで混んでないしね。また、来たい。

f:id:enamin:20181004092613j:plain

杵築の観光案内所に売ってた仁王像。

ここ国東半島は仏の里。かつて「六郷満山文化」が花開いた地。

なんだか気に入ったから、赤い阿形を買ってしまった。吽型を買うのは次に訪れたときかな。

 

f:id:enamin:20181004093153j:plain

杵築バスターミナルからは大分空港行きのバスに。

交通系ICカードが使えた。710円。

 

JAL国際線ビジネスクラスシートで東京へ

f:id:enamin:20181004094703j:plain

JL674 OIT19:15-HND20:45 JAL3000㍄(naviカード減額)+1000円(クラスJ)

 

空港に着いたらまずはチェックイン。

この日の朝、座席変更メールが来ていました。何かと思ったらどうやら国際線機材に変更された模様。そのため、少し早めに到着してクラスJにアップグレード。

 

搭乗まで二時間弱あったので展望台に行ったり、ご飯を食べたり。

f:id:enamin:20181004094640j:plain

f:id:enamin:20181004094347j:plain

展望台に飾ってあったJASの模型。懐かしい~

初めて乗って飛行機はJASだった気がする。

f:id:enamin:20181004094408j:plain

晩ご飯は鶏天丼。最後まで大分料理をいただきます。

f:id:enamin:20181004094421j:plain

保安内のカードラウンジで少しだけ休んで

f:id:enamin:20181004094432j:plain

搭乗時刻に。

f:id:enamin:20181004094446j:plain

初めてのビジネスクラスシートです!!

個室風のシートではないけれど、広い!

これを千円で体感できるなんてクラスJ最高ですね…

今日はたまたま機材変更されて運がよかった。

(機内Wi-Fi使えなかったけど)

f:id:enamin:20181004094457j:plain

東京までの1時間はこれまでになく幸せな気持ちでした。

将来はビジネス乗れるくらいの人間になりたいですね。

 

幸せに東京着。

韓国経由の九州旅は楽しく幕を閉じました。