世界地図を読みながら

地球を動き回ってないと落ち着かない日常

弾丸香港✈②*広州・深圳*

香港から澳門に入った話の続き

www.enamin.com

 

 

 

中国入境

f:id:enamin:20181014003952j:plain

澳門から中国に入国すると、繁体字が簡体字になるだけでなく、においが変わる。

中国のにおいになる。なんでだろう。

f:id:enamin:20181014004058j:plain

国境の隣には珠海駅。切符を購入しておきます。

f:id:enamin:20181014004108j:plain

普通に中国になった。

 

昼ごはんは蘭州牛肉麺

f:id:enamin:20181014004201j:plain

ちょうど神保町に馬子禄ができて、蘭州牛肉麺の美味しさにハマっていたころ。

f:id:enamin:20181014004256j:plain

10元でこんなにおいしいものが食べられるなんて中国は幸せだ。

 

高鉄で広州南へ

珠海12:50-広州南14:15頃 70元

f:id:enamin:20181014004638j:plain

 

f:id:enamin:20181014004650j:plain

車内は集団見合い式シート。

f:id:enamin:20181014004717j:plain

広大な景色を眺めながら1時間半くらいすると広州に到着。

広州は半年前にトランジットで一泊しているんですが、

市街地には出られなかったので念願の。

 

旧租界・沙面島へ

広州見物はどこに行くか迷ったんですが、旧租界建築が残る沙面島へ。

f:id:enamin:20181014005043j:plain

f:id:enamin:20181014005146j:plain

欧風建築が残っている人工島。さっきまでいた澳門のように本物のヨーロッパ。

f:id:enamin:20181014005230j:plain

写真を撮っている人がいたり

f:id:enamin:20181014005254j:plain

おしゃれなスタバがあったり

f:id:enamin:20181014005320j:plain

19世紀ヨーロッパ建築がしっかりと残っていて素敵な場所でした。

散歩をする分にはおしゃれで楽しい。

でも、写真を撮るには街路樹が多くて撮りづらいかな(笑)

 

「中国」と聞くとアジア然としたイメージが思い浮かびますが、

北部の満洲は日本建築が残っていたり、

上海や広州などには租界地に欧風建築が残っていますし、

いろんな意味で歴史豊かな国ですよね。

 

広州摩天楼

地鉄の広州塔駅で降りて、摩天楼見物。

f:id:enamin:20181014005854j:plain

これは香港では…?

と思うくらい発展した高層ビル群。大都会だ。

 

f:id:enamin:20181014005938j:plain

後ろを振り向くと広東塔。高さ600メートルの電波塔。

スカイツリーよりかっこいい!

150元で登れるらしいので次に行ったら上りたい。

 

高鉄で深圳へ

広州東18:05-深圳19:16 79.5元

地鉄で広州東駅に向かってからの高鉄。

f:id:enamin:20181014010202j:plain

f:id:enamin:20181014010453j:plain

深圳まではわずか一時間。あっという間です。

 

深圳

f:id:enamin:20181014010532j:plain

f:id:enamin:20181014010545j:plain

深圳で宿泊したのは新安酒店。ツインで321元でした。

何故深圳に泊まるかというと、香港は宿泊相場が高いから。

深圳だと一気に半値以下に下がりますから、学生の味方です。

 

f:id:enamin:20181014010726j:plain

夕食は魯肉飯と湯麺と哈爾浜ビール!ビールと合わせて25.5元。

それにしても南の果てで哈爾浜ビールが飲めるなんて中国は広い。

 

f:id:enamin:20181014010940j:plain

ご飯を食べてからは、タピオカミルクティーを飲みながら、お散歩&お買い物。

楽しい深圳の夜です。

 

続く。