世界地図を読みながら

地球を動き回ってないと落ち着かない日常

極東ロシア旅✈④*シベリア鉄道オケアン号*

 

www.enamin.com

 

 

の続き

 

シベリア鉄道・寝台列車オケアン号でウラジオストクへ

 ハバロフスク19:50-ウラジオストク8:32 11636㍔(リュクス、一部屋)

 

ハバロフスクからウラジオストクまで寝台列車で移動をします。

料金は個室一部屋(トイレシャワー付)で17000円程度。

距離が800キロ近くある事を考えればかなり安価。

 

まずはハバロフスク駅へ。

f:id:enamin:20181014180330j:plain

かっこいい駅舎。

f:id:enamin:20181014183818j:plain

発車案内板。ウラジオストク行は上から四段目。

モスクワ時間で表示されています。(現在はローカルタイム表示に変更)

 

チケットはインターネットから予約してあったんですが、

紙の切符がほしかったので機械で受取り。

f:id:enamin:20181014180443j:plain

 

ホームへ。

f:id:enamin:20181014180516j:plain

 

f:id:enamin:20181014180501j:plain

長距離ターミナルの雰囲気。

車内 へのりこみます!

f:id:enamin:20181014180721j:plain

通路を抜けると

f:id:enamin:20181014181032j:plain

これが今日のお部屋。一等寝台車です。

めっちゃ豪華…ロシア鉄道20回目くらい

だけどこんなの初めて…

 

ウェルカムフルーツ

f:id:enamin:20181014181238j:plain

ウェルカムドリンク&お菓子&フルーツまであります。

豪華かよ…

 

発車してからも、オレンジジュースや紅茶を持ってきてくれたり至れり尽くせり。

ちなみに翌朝は朝食が付くらしく、メニューの確認もありました。

一人8500円くらいなのに最高すぎる…

 

ちなみに一両に5部屋くらいあってこの日は2部屋が空席。

余ったフルーツは車掌さんが食べてました。(笑)

ロシアっぽい。

f:id:enamin:20181014181734j:plain

紅茶を飲みながらぼーっと過ごしているとあっという間に夜。

ちなみにこの紅茶のコップ、車内販売で買えますよ。1060㍔。

私の家には3つくらいあります笑

 

列車に乗る予定のない人は骨董品屋やお土産屋さんでも買えます。

相場は骨董品屋だったら中古で600㍔、お土産屋さんは1500㍔くらいかな。

 

シャワートイレ付の個室

f:id:enamin:20181014181553j:plain

シャワー。トイレが向かい側にあります。

f:id:enamin:20181014181703j:plain

寝台状態にするとこんな感じ。

下段のベッドはセミダブルサイズ。子供連れで乗ってる人もいました。

 

シベリア鉄道に乗ってみたいけど、

さすがに相部屋や開放寝台はきついなーっていう方には

オケアン号のリュクスクラスをお勧めします。

完全個室&シャワートイレ付で快適に過ごせますよ!

 

朝ごはん

翌朝は七時前に朝ごはん。

出来立てを食堂車から運んできてくれます。VIP待遇だ…

f:id:enamin:20181014182449j:plain

チーズの盛り合わせor魚とブリヌイ(肉)orオムレツから選択できます。

もちろん紅茶付き。

さすがに朝からこの内容は重たかった…チーズとかこんなに食べないもん。

 

こんな感じで最高の寝台列車旅でした。

お金を積めばこんなにも良い鉄道旅行ができるのかと痛感。

いつもはロシア人と四人で相席、夜まで酒盛りみたいなのですからね…

 

ウラジオストク到着

f:id:enamin:20181014184045j:plain

f:id:enamin:20181014182736j:plain

ウラジオストクには時刻通り到着。

モスクワから9288㌔、シベリア鉄道の終点に到着しました。

f:id:enamin:20181014184103j:plain

なんとなく長崎っぽい風景。

 

ウラジオ駅舎が素晴らしい

到着したら、シベリア鉄道の記念碑で撮影する人が多いんですが、

素晴らしかったのはウラジオストク駅舎。

f:id:enamin:20181014184225j:plain

1912年にモスクワのヤロスラヴ駅を模して造られた駅舎。

f:id:enamin:20181014184906j:plain

外観も帝政ロシア調で素敵なんですが中も良い。

f:id:enamin:20181014184411j:plain

待合室。単なる待合ではなく天井画が美しい。

f:id:enamin:20181014184449j:plain

上側(北側)は赤の広場やクレムリンなどモスクワの風景

下側(南側)は船や駅舎などウラジオの風景

 

モスクワからウラジオまで結ぶシベリア鉄道を表す天井画。

最高では。

 

f:id:enamin:20181014184640j:plain

駅中カフェもおしゃれ。ピョートル大帝が描かれていますよ。

f:id:enamin:20181014184808j:plain

階段もいちいち彫刻が美しい。

 

鉄道に乗らなくても駅舎だけでも楽しめるウラジオストク駅。

到着して早々ウラジオの洗礼を受けてしまいました。(いい意味で)

 

 

オケアン号もウラジオストク駅もどちらも素晴らしく、

良い鉄道旅になりました。

オケアン号がここまで豪華だったのは想定外。

極東ロシア旅行を計画してる皆様、ハバロフスクはビザが必要になりますが、

シベリア鉄道のオケアン号は綺麗だし快適に過ごせるので、

「ソ連は遅れてる!」と臆することなく検討してみてください!

 

 

続く。

 

www.enamin.com