世界地図を読みながら

地球を動き回ってないと落ち着かない日常

満洲旅✈④*哈爾浜→東京*

【2017-2/2】この日は最終日。
朝、7:30頃起きて、宿の朝食会場へ。いたって普通の中国のビュッフェ。
あんまりおいしいものはなかったですね。
お粥とその付け合わせ、そして豆乳がある朝食。
 
朝食を済ませてからは、朝の中央大街を散歩。
 
朝になるとだいぶ雰囲気も変わりますね。ヨーロッパのような街並みです。
 
いくつかロシア土産を覗いてみますが、どこも高くて退散。
 
聖ソフィア教堂の方面に向かいます。
途中のショッピングモールをひやかしたりしながら、
聖ソフィアの隣にあった市場でお買い物。春節飾りとかを買いました(笑)
 
@爆竹の片づけ。結構やかましく遊んでいました。
 
そして、その道路を挟んで向かい側にあった市場へ。
ここは生鮮食品の市場でした。
 
この老鼎豊いうところでカステラを買い、
向かい側にある食事コーナーへ。
13元の鍋を食べて昼食に。
 
そして、宿に戻ってチェックアウトをし、
中央大街バス停からバスに乗り込み空港を目指します。
時刻は11:35。飛行機は13:50発なのでわりとギリギリでした。
運賃20元を途中で回収され、快調に空港に向かうように思われましたが、
なんと、途中でバスのラジエーターから発煙。
焦げ臭いにおいに車内は包まれ、高速道路上にみんな退避しました。
中国語が分からないので詳しいことはわからなかったのですが、
5分ほどたっても出発しないので、近くに止まっていたタクシーに乗り換えて空港に向かいました。高速道路上なのにへっちゃらで止まってしまうのが中国スタイル。
 
空港まで10キロほどで2人で50元(800円)。まぁ仕方ないです。
 
なんとか空港の国際線ターミナルについて、チェックイン。
@ハルビン空港のチェックインカウンターは、航空券を見せないと入れない区域にあったので注意が必要です。
 
出発ターミナルには北朝鮮公式ショップまでありました。
店員さんも北朝鮮人の方でした。初めての公式ショップわくわく。
 
何か買いたかったのですがピンバッチでも150元程して何も買えず。
 
バスで飛行機に向かい、乗り込みます。
機内は満席でした。春節とあって日本に向かう中国人で一杯でした。
 
3時間ほどで成田に到着するのですが、直前に夕暮れの富士山がみえました。
赤く染められ美しい。進行方向右側に座っていた人たちはかなり写真を撮っていました。これほどきれいな景色に迎えられるなんてラッキーですね。
 
素敵な景色も見られ楽しいフライトでした。
 
成田からはバスと電車で帰宅。
初めての満洲は短いながらも楽しい旅でした。
往復5200円で連れて行ってくれた春秋航空日本には大感謝です。
 
終わり。