世界地図を読みながら

地球を動き回ってないと落ち着かない日常

飛騨高山お散歩

【2016-10/8(土)】
 
大学のサークルの先輩を連れて岐阜県へ帰省した時のお話し。
本当は明知線を乗り鉄するつもりでしたが、
雨予報だったので車に乗って飛彈方面に観光しに行くことにしました。
 
朝、実家を出たのは7:40頃。
 
下呂の国道41号線沿いの味わい処いろはでモーニング。
カフェオレ(400円)のモーニング
トーストにサラダ、オムレツそれにヨーグルトのボリュームモーニング。
おいしかったです。朝から幸せな気分になれました。
名古屋圏というか東海圏ではこのようなモーニングが
だいたいどこのお店にもあって朝ごはん代わりに食べることができます。
最近は東京のチェーン店でも見られますが、やはり量や質は東海にはかないませんね。
 
そのまま41号線を北上して高山(飛騨高山)に。
少し離れた市営天満駐車場に車を止めて歩きます。
 
まずは高山陣屋へ。
土曜日ですが朝だったので陣屋朝市がやっていました。
 
 
古い町並みを歩いて、宮川朝市へ
よくテレビで見たことはありましたが、
午前中に高山に来る事はなかったので初めてきました。
台湾の夜市ほどでははいですが賑やかな市場。
観光客の人は楽しいでしょうねえ。僕は特に何も買いませんでしたが、高山の農産物やさるぼぼ、一刀彫など特産品が並んでいました。
そのまま、高山駅へ。
一週間前の10/2に供用開始されたばかりの高山駅。
前の古い駅舎からは見違えるようなきれいな駅舎に。
自由通路の匠通り、列車も見えます。この日はドクター東海がいました。
 
 
列車も見えます。この日はドクター東海がいました。
自由通路から列車が見えるといいですよね。小さい子も喜びますし、
観光客だってこれから乗る列車の写真も撮れますし。
 
改札口は新しくなっても有人改札。
西口もできました。バス停も整備されていて市内循環バスに乗れる模様。
12:01発の猪谷行きの列車に乗車します。
キハ25形で車内はクロスシート。
JR東海の主力型313系と全く同じ車内だったので驚きました。
飛彈古川に12:21(遅れて12:25頃)到着。
ここは最近流行の「君の名は。」という映画に出てくる場所のようで、
多くのファンの方がいました。ちなみに僕は見たことないです。
(9月はロシアにいたのでインターネットでずっと流行をみていました笑)
 
すぐの列車で高山に戻るので、歩いて古い町並みの入口まで行ってすぐ戻りました。
小さいころに一度来て以来の飛彈古川だったので新鮮でした。
特急ひだが入ってくる頃に飛騨古川駅の近くの陸橋から。
どうやらこの構図が映画と同じらしく多くのファンが撮っていました。
この列車に乗って高山に向かいます。
特急ひだ12号、運賃は240円、特急券は320円でした。
この区間普通列車が少ないので特急を使わざるを得なかったのですが、
今年の改正から、名古屋よりの車両が自由席になったため、
先頭車両から前面展望ができたのでわくわくするひと時を過ごせました。
高山には13:24(遅れて12:29頃)到着。
名古屋方面に向かう多くの外国人観光客が乗り込んでいました。
この列車には自由席は1両ですが皆座れたのでしょうか。
 
駅前通りでラーメンを食べて、下呂温泉に寄って家に帰りました。
 
同行した先輩は飛騨は初めてだったようで満足した様子。
岐阜県の観光地に連れて行けてよかった。
 
東京だとあまり岐阜県って知られていないんですよね。
飛彈高山や下呂温泉、白川郷など飛騨地方にはあり、
郡上八幡や恵那峡、馬籠宿と美濃地方にも様々な観光地があるんですけどね。
2027年度にはリニアが開通しますし、
岐阜県の魅力をアピールしていきたいものです。