世界地図を読みながら

地球を動き回ってないと落ち着かない日常

長良川鉄道”越美南線”で郡上八幡へ

こんにちは!

先月の話になりますが、長良川鉄道のフリーきっぷがとあるフリーペーパーの懸賞で当たったため、長良川鉄道に乗って観光をしてきました(*´ ?? `*)


美濃太田から美濃市へ

まずは、恵那から中央線、太多線を乗り継いで美濃太田へ


美濃太田からは北濃行に乗り込み美濃市へ。
さて、この長良川鉄道は旧国鉄越美南線を継承し開業した第三セクター鉄道です。現在も長良川鉄道越美南線として、線名も継承し走っています。


美濃市では、名鉄美濃町線の終点だった美濃駅に。
かつての路面電車、谷汲線車両たちが保存されていました。
が、屋根もなく、駅に人もおらず少しさみしい印象でした。


美濃はうだつの上がる街並みとして古い街並みが残されていました。

 

郡上八幡へ

美濃市から再び長良川鉄道で、次は郡上八幡へ
湯の洞温泉口を出ると、列車は清流長良川に寄り添うように走ります。


秋の川も澄んでいて、夏に劣らず、心奪われました。


郡上八幡では、城下町や城を見物しました。ちょうど、もみじまつりが行われており、火縄銃の実演も見られました。




帰りにはみなみ子宝温泉で温泉に入り、疲れをとったあと帰路につきました。